スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーネット・ベリーの携帯ストラップ

2007.01.27 19:05|ビーズの小物
ガーネット玉を使って、先日作ったビーズキット「ベリーのバックチャーム」を真似て携帯ストラップを作ってみました。


070127_1



070127_2

メタルビーズと合わせて、シックな感じのガーネット・ベリー。


コードの方は、最初こんな風に編んでみていました。
070127_3


見た目はかわいいけどストラップとして使うには少し華奢かなーと思ったので(人に使ってもらうので、使用に耐えるかどうかちょっと自信が無くて;)作り直しました。チョーカーなどのアクセサリーにするなら、細い方が綺麗。





最近、携帯電話を新調しました。
で、これまで使ってきた携帯電話を副回線契約して、母に譲りました。
母は携帯電話を持ったコトがありません。これまでに何度となく、いつでも連絡が取れるよう持つコトを勧めてきたのですが、話が進まなくて困っていました。そこへ、契約しているS社でちょうど「月額980円でS社間の通話0円(1時~21時に限る)」という魅力的な料金プランが登場したので、「お古の電話機だし通話はタダ。コレで使い方の練習をしてみそ♪」と、むりくり持たせるコトに成功しました。何かと世間をお騒がせのS社。他社に変えようかなあと考えたりしていたのですが、今回はプチ感謝です。

電話機がお古なのがちょっと申し訳ない気がして、携帯ストラップを作ってプレゼントするコトにしたのでした。使いこなせるようになったら電話機もプレゼントしようと思います。(^_^)ゝ



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビーズ
ジャンル:趣味・実用

デキャプリオくん、こんにちは。

2007.01.25 23:53|愛用の道具・材料
愛用のデジカメ「IXYクン」こと初代IXY DIGITALについて先日書きました。

そのルックスに惚れ込み、6年弱私の”ファースト”そして”オンリーワン”なデジカメとして愛でてきましたが、最近作った小物を接写したいシーンが増えて、IXYクンがそれに付いてきてくれないコトにストレスを感じてきて・・・てなコトをつらつら書いたワケですが、世代交代を決心し、新しいデジカメを買いました。


何を買うかは相当迷いました。
デザインを重視したいけど、IXYクンのような完璧な機能美を備えたコンパクトデジカメは見当たらないし、かといって、1眼レフデジカメは、そりゃあ手にすれば『所有する喜び』を満たしてくれるに違いないけど、写真を撮るコトがものすごく趣味だというワケでもないので、ちょっともったいない。

この際デザインは2番目の希望に回して、機能優先でコンパクトデジカメの中から買うと決めました。
そして1番の希望は、

「被写体に最もくっついて撮れるカメラが欲しい。」

でした。
カタログのマクロ1cmと3cmが実際どれだけの能力差になるのか、私には解らないのですが、一番欲しい機能なので、ここは妥協せず「マクロ1cm」に絞りました・・・ら、無いっ!(笑)。えらく選択肢が狭まりました。

ルックス的に(やっぱり気にする...笑)

が良いなーと思いましたが、1cmまで寄れない。


こちらは1cm接写可能。ヘンテコなデザインだけどコレかなあ・・・。でも、メモリースティックというメディアが気になりました。嫌な理由は無いのですが、「sony独自の規格」に何のメリットがあるのか私には解らない故の不安。




で、買ったのはRICOHの「Caplio R5」。
3年保証付
税込27,780円
楽天最安値
128MBメモリーカード付
税込26,500円

他のCaplio R5を探すには→コチラ



●撮影距離
マクロ時1cm~ 広角30cm~ 望遠1m~
●有効画素数 724万画素
●手ぶれ補正あり
●レンズ
焦点距離f=4.6~33mm(35mm判カメラ換算28mm~200mm相当)
明るさ(F値)F3.3(広角)~4.8(望遠)
●ズーム
光学7.1倍ズーム
デジタルズーム3.6倍 光学併用最大25.6倍(720mm相当)
●シャッタースピード
8・4・2・1~1/2000秒
●ISO感度 AUTO・64・100・200・400・800・ 1600
●フラッシュ /発行禁止/オート/赤目軽減/強制発光/スローシンクロ
 到達距離 約0.2m~2.4m(広角)約0.14m~1.8m(望遠)
●液晶モニタ 2.5インチTFT液晶 23万画素
●撮影可能枚数(付属バッテリー使用) 380枚
●内蔵メモリ  26MB
●記録媒体 SDメモリーカード(2GBまで)・マルチメディアカード
●本体サイズ 96mm(W)×55mm(H)×26mm(D) 140g(バッテリー装着で170g)

※その他のスペックに付いてはRICOHのサイトCaplio R5のページをご参照ください。

カメラのスペックについて素人ながら、色文字 部分を重要ポイントとしてチェックしました。「1cmマクロ接写が可能」「手ぶれ補正あり」「高画素数」「高光学ズーム(これは恐らくこのクラスの最高レベル)」「高ISO感度」 で申し分ない上に、「ポートレートモード」「夜景モード」「ズームマクロモード」「スポーツモード」「斜め補正モード」「望遠モード」「高感度モード」「文字モード」など、ポチッと選ぶだけでカメラが理想的な設定にしてくれるのも便利そう。


昨年9月15日発売(オープン価格)、当時の店頭販売価格は47,000円前後だったそうですが、数ヶ月のうちにえらく値下がったもんです。「コチラの機能が強いぶんアチラの機能は劣る」などなど一長一短、スペックとコストパフォーマンスの比較に頭を悩ませる中で、Caplio R5は、私が望んだマクロ機能以外にも、様々な機能のバランスが1番優れていました。

「光学7.1倍ズーム」「28mm広角」は、私が望む使い方を考えると要らない機能かもしれないのですが、付けてくれるのだから大歓迎です。あればこれを使って新しい世界が開けるかもかも、という期待が膨むってもんです。


残念ながらデザインには、メタリックなデザインのカメラを求めていただけに、正直言ってガッカリです。でも、無いモノは仕方がないので、シルバー・赤・黒の3色の中でシックな感じの黒を選びました。RICOHの名機「GR DIGITAL」も黒だし、と、むりくりこじ付けて納得するコトにしました。(^_^)ゝ
「私の理想のルックスはあくまで初代IXYで、もう何処にも無いのだから。」と思えば目をつぶれるってモンですし、手に入れて1ヶ月が経とうとしていますが、だんだん見慣れてきました。


「Caplio」を最初、私は「カプリオ」と読みました。で、「デカプリオみたいだな。ヘンな名前だなー。」と思ったんですが、「キャプリオ」と読むらしい。「caption」とか「capture」の「cap-」だったんですね。

「ふーん。キミは『デキャプリオくん』だ。」

私にしか解んないニックネームを付けて触って遊んでるうちに、だんだん可愛く思えてきました。

高機能、低価格、まずまず軽量コンパクト、バッテリーの持ちもいい(買ってすぐフル充電してから現在までに150枚撮って、バッテリー表示は2/3残っています。)。起動もシャッタースピードも速い。

写真がまた綺麗!
撮った画像をパソコンのモニタで見て、初代IXY DIGITALで撮る画像に見慣れていたというコトを差し引いても、美しさに息を飲みました。

「こ、これ、ホントに私が撮ったん?」


あまりお金をかけずにできるだけ性能の良いコンパクトデジカメを買いたくて迷っている方で、デザインには目をつぶろうという方には、オススメのカメラだと思います。


目下デキャプリオくんで遊んでばかりで作品作りがお留守になっています。あかんやんっ! (^_^)ゝ


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:写真
ジャンル:趣味・実用

IXYクン、今までありがとう。

2007.01.20 23:57|愛用の道具・材料
今日は久し振りに「愛用の道具・材料」カテゴリで、こうして作品をBlogでご紹介するのに欠かせないモノのひとつ、デジタルカメラについて書いてみたいと思います。


私がこれまで愛用してきたデジタルカメラは、2000年5月発売のcanonの初代「 IXY DIGITAL」です。

070110_1



発売当初かなり世間が騒いだので、私もなんとなく気になってカメラ売場に偵察に行き、「かっこいいなあ。」と思いました。
が、定価74800円。店頭価格がいくらだったかは覚えていませんが、その頃私が使っていたカメラからすると「高っ!」でした。

IXY DIGITAL は「世界最小」を最大のウリとして彗星のようにコンパクトデジカメ市場に登場したのですが、それはまた、私に初めてデジカメというモノの存在を意識させるキッカケでもありました。
私は当時、まだデジカメというモノを持ったコトがありませんでした。フィルムの小型化によってカメラもサイズダウンしていったAPSカメラさえ持ってませんでした。その頃持っていたカメラのメーカーや機種も思い出せないくらい、カメラに対するこだわりはなく、とりあえず写真が撮れたらいい、という感じでした。

世界最小 IXY DIGITAL は、そのルックスでもって、デジカメはおろかカメラにほとんど興味の無かった私のハートを大きく掴んだのでした。

「このサイズならいつでもバッグに入れて持ち歩けていいな♪ 写真を撮るのが楽しくなりそう♪ フィルムを現像に出さなくても自宅でパソコンに画像を撮り込んですぐ見られるというのも便利♪ それよりなにより、すごくかっこいい♪♪♪」

ですが、いかんせんデジカメは未経験。未知の世界。
カメラにこんなに高いお金を出すなんて私には考えられないコトだったので、長いこと悩みました。

「IXY DIGITALは必要か?」

と考えるようになって、購入を検討するようになりました。IXY DIGITALのルックスがどれだけ魅力的に感じられたかは後述するとして、あまりにも魅力的だったので、他のデジカメは検討対象にはなりませんでした。実際、当時ほかにどんなコンパクトデジカメが存在したのか全然覚えていません。(^_^)ゞ




そうこうしているうちになんだか1年が経ちまして、2001年春に「IXY DIGITAL200」と「IXY DIGITAL300」が発表されました。それに伴って型落ちとなった初代IXY DIGITALの店頭販売価格がほぼ半額になりました。
IXY DIGITAL 300は、2倍ズームから3倍ズームへ、といったスペックの向上は魅力的だとは思いましたが、ボディサイズが一回り大きくなって、デザインも初代と比べると微妙だなーと思いました。同じくデザインがちょっと変更されたIXY DIGITAL 200の、スペックの細かな進化について調べたいとも思いませんでした。
とにかく初代IXY DIGITALのルックスに惚れ込み、これ以外にありえない、と思っていた私にとっては、半額saleは「型落ちsale」ではなく「憧れていた存在が手に届くところに来てくれた」のでした。

「うかうかしてるとこの世から無くなってしまうっ。」

そう思って、1年越しの恋を実らせ(笑)、憧れの初代IXY DIGITALを初のデジカメとして手に入れました。
その後の6年弱、「IXYクン」と呼んで連れ添ってきました。
それからはIXYクンをいつもカバンに入れて持ち歩くようになり、写真を撮るというコトが身近な習慣になりました。IXYクン任せで腕は全然上がりませんでしたけれども。(^_^)ゝ




<IXYクンの魅力は何といってもルックスの良さ♪>
オールステンレスボディというのがまず良い。ひんやりとして、金属ならではの質感。当時としては「予想外デス!」な小ささ、それでいて適度な重さがあるのがまた良い(200g程度)。堅牢で安っぽさが無く、信頼が置ける感じがします。ほとんど曲面や出っ張りのないスクエアなフォルム、ボタンなどの形状や配置など細部の作りからズームレンズの伸び縮みする時のメカニカルな音に至るまで、どこにも抜かりがなく、作り込まれて行き着いたシンプルの境地、とう感じがします。レンズがボディ中央にあるのも、光学接眼レンズがあるのも、カメラらしくてすごく良い。
精悍で高級感があって・・・・・・開発チームに拍手です。今でも古さを全く感じさせない、と言いますか、個体として美しいのです。
発売当時はなかなか手に入らなかったと聞きますが、それも納得、デジカメ史上に残る銘品だと、私は思います。


「世界最小 超コンパクトカードサイズ」
IXYクン本人も小ささを誇りにしています。
070110_2

これはIXYクンが入っていた箱ですが、「実物大です」と表だけでなく裏でも叫んでいます(笑)。



個体としての美しさは衰えを見せるどころか年を経るにつれて「大切にしよう。」と思わせる存在感が増して行きます。
ですが、カメラとしてのスペックについては、これはデジモノの宿命、他のメーカーもcanon自身もこぞってスペックup合戦にしのぎを削り、発売当時は最高であっても、短いサイクルでより高スペックのモノが登場し・・・といった感じで、すっかり古くなってしまいました。
canonのサイト初代IXY DIGITALのスペックが見られます。


IXYクンの有効画素数は202万画素。
携帯電話並です。いや、携帯電話も300万画素時代に突入した今どき、一般的なコンパクトデジカメは500万画素~700万画素が当たり前。
まあそれでも、撮影した画像の使い道はほとんどweb公開用、大きく引き延ばしたりもしない私にとっては必要十分と思っています。もともと画質に細かくこだわる方ではなかったので、スナップ写真を撮るぶんにはノープロブレムです。先日ここでupしたルミナリエの写真も、なかなか良く撮れてるんじゃないかなーと思っています。

壊れるまでIXYクンを愛用し続けよう、そう思っていたのですが・・・。

このBlogを開設して作品画像をupするようになってから、作品の写りの悪さにストレスを感じるようになってきました。

「マクロ撮影最短距離10cm」「手ぶれ補正機能なし」「ISO100」

私の撮影の腕の悪さに加えて、IXYくんの性能のこの辺りが、頭で思い描くような撮影が難しい理由なんだと思っています。

また、撮った画像をすぐ確認したくても、IXYクンの1.5型の液晶モニタは暗くてしょぼくてほとんどアテになりません。何枚も撮っておいてPCに取り込んでから良いのをピックアップするコトになります。私の腕が悪いせいもあって、ピンぼけ多し、暗く写っていて取り直し多し。


これまでは、接写にめっぽう弱いIXYクンと、IXYクンの性能を最大限に引き出せない私との二人三脚で写した画像を、PhotoshopであーだこーだといじくってからBlogにupしてきたのですが、補正するほど素材感などが損なわれていきます。レタッチせず素のままの姿でupできるような写真が撮れたらいいのになあ・・・と、だんだん思うようになってきました。

そしてバッテリーの持ちも、もともと悪かったので、購入当初に迷わず予備を買ったのですが、スタミナが落ちてきたので、その後新たに2つ買って、今は計4つのバッテリーをフル稼働させています。ここ最近は部屋で作品を撮影している途中でバッテリーを交換するコトもしばしば、となっていました。



「限界かもかも・・・・・・。」

断腸の思いで新しいデジカメを買う決心をしました。

「『所有する喜び』を存分に感じさせてくれたIXYクン、今までホントにありがとう。」

ひとつの時代が終わった、という思いがしています。
6年弱連れ添ったIXYクンに敬意を払って書いてみた次第です。(^_^)ゝ


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:写真
ジャンル:趣味・実用

ビーズキット「ベリーのバックチャーム」

2007.01.19 18:51|ビーズの小物
素敵なビーズ本を見つけたけれども、ビーズにハマってしまうと困るので買うのを思いとどまった・・・・・・というコトを昨日書きました。
でも残りのガーネット玉を使って、もう少し何か違う感じのモノを作ってみたいなあ、と思うので、代わりにヒントをもらえそうな「コレは。」と思えたビーズキットを買って作ってみるコトにしました。

070119_1

CRAFT HEAVEN ビーズクラフトキット
「バックチャーム・ベリー」

ビーズボールとパールビーズを繋げてベリーの形になっています。単純なパーツの組み合わせなのに、全体はジャラジャラで華やか♪ 色味も好み♪


070119_3



070119_2



キットを作ってみるコトもいい勉強になるなあ、と思いました。
デザインもですし、使われているビーズの種類・色・大きさなども、自分の思いつきだけでは及びません。どんなピンがいくつ使われているかなども参考になりました。ピンを曲げて繋げる練習にもなりました。(^_^)ゞ


●楽天市場の「ビーズキット売れ筋ランキング」は→コチラ



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ビーズ
ジャンル:趣味・実用

オススメのビーズ小物本

2007.01.18 23:43|道具・材料のお買い物情報
ガーネット玉を使ったアクセサリーをいくつか作りながら、
「あーもっと編み方を色々知ってたらいろんな物が作れるのになあ。」
と思ったりしています。
で、お買い物のついでに、書店の手芸本売場でビーズ関係の本をwindow shoppingしてみました。ビーズの本は結構種類があったのですが、その中でひときわ心に残った本があったのでご紹介します。



【エンジェルス・ガーデン/瀬戸まり子著】

【目次】

Venetian(ベネチアン・ビーズ・アミュレット/ベネチアの宴 ほか) Baroque(バロックパンジーのオーナメント/クリスタルエンジェル&ホワイトエンジェルのファンブローチ ほか) Classic(ティーカップのピンクッション/ヴィクトリアン・スクエアボックス ほか) Modern(ベネチアの夕やみ/天使のジュエリーケース ほか)


コレは素晴らしい本だなーと思いました。
表紙がとても美しい。それに惹かれて手に取り中を見てまた「ほおぉー。」と溜息が出ました。
ビーズとレースとエンジェル柄の布などを使ったビクトリア調の小物の本です。バッグ・アクセサリーなどの作品と作り方が載っています。どれもデコラティブでゴージャスでとっても美しくて、眺めているとワクワクしてきます。作り方のお手本としてだけでなく、作品作りにインスピレーションを与えてくれそうな、ぜひ手元に置きたい1冊だーと思いました。

さんざ悩んだんですが、買ってしまうとますますビーズにハマってしまうー、と思いなおして、感動だけ胸に留めて本は棚に戻しました。(>_<)
ビーズ、そしてビクトリアンが好きな方にはオススメの1冊です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ガーネットのネックレス「LE SOLEIL EN HIVER」

2007.01.16 23:52|ビーズの小物

070116_1



ガーネット玉とメタルビーズをチェーンで繋げてネックレスを作りました。
トップには、ガーネットのさざれ石で編んだモチーフを飾りました。

070116_2

モチーフは最長径が1.8cm、チェーンの長さは45cmです。



1月の誕生石「ガーネット」シリーズその3です。
昔作ったネックレスに比べると、使ったガーネットの数はかなり減りましたが、「これなら使うかな♪」なネックレスにリメイクできました。
冬のコーディネイトの胸元に暖かな色を添えてくれるかな。
「LE SOLEIL EN HIVER」・・・”冬の日差し” と名付けてみました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:+.。:゜*天然石アクセサリー*。.:+☆
ジャンル:趣味・実用

ビーズの携帯ストラップ「ガーネットの三連花」

2007.01.13 23:58|ビーズの小物

070113



ガーネット玉とアンバー・ブラック・ブルーのチェコビーズを合わせた色違いの花を3つ繋げました。裏表同じ表情の2重に編んでいるので、ふっくらボリュームがあります。


ガーネットは1月の誕生石、時期的にちょうど良い♪ というコトで、先日の雪の結晶の携帯ストラップに続きビーズ遊びに興じています。
前のは「私の好きな雪の結晶モチーフ+α」を考えて作ったのですが、今度は「1月生まれのお友達にプレゼントするならば」を頭に入れて作ってみました。





********************




★ガーネットのビーズを販売しているshopを探してみました。

●アウラ  
ガーネットの形・サイズが豊富です。
ガーネットは→コチラ
●ビーズ専門 シルバーてんてん
2100円以上で送料無料のビーズ専門店。
ガーネットは→コチラ


●天然石とシルバーのフローレンス
天然石・シルバー専門店。
レーン売りが良心価格。メール便送料無料。


●イービーズバザール
天然石・淡水パール専門店。
ガーネットは→コチラ

ハート型のガーネットは珍しい♪
●クレストビーズ
天然石ビーズ・パワーストーンのshop。
ガーネットは→コチラ

4mmラウンド38cmが380円。




★ガーネットカラーのグラスビーズも探してみました。

スワロフスキーチェコビーズジルコニア
ヴィンテージベネチアンシード(スリーカット)ビーズ




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ビーズ
ジャンル:趣味・実用

ビーズの携帯ストラップ「ガーネットと雪の結晶」

2007.01.10 14:40|ビーズの小物
070110_1
年末に部屋のプチ掃除をしていたら、昔作ったアクセサリーが出てきました。ガーネットのネックレスとブレスレットです。
4mm玉を糸でただ繋いだだけーというシンプルさ。
コレを作った当時は色石のアクセサリーに興味が湧いた頃で、赤い石なら情熱的なルビーの赤よりガーネットの深みのある赤が好きだなーと思いました。で、そこはかとなく探していて、シンプルなネックレスが結構いいお値段で売られているのを見て「これなら自分で作れるかもかも。」と材料を集めてそっくりマネして作ったのでした。

作ったのは、かれこれ10年くらい前かなあ。当時はまだアクセサリーを手作りするコトは目新しいコトで、「こういう材料やパーツを揃えたかったら東急ハンズへ行くべし。」てな感じだったように思います。

作った当時は「シンプルで普段使いにばっちぐー♪」と思って愛用していましたが、いつの間にか使わなくなっていました。

ガーネットは今でも好きな石のひとつなのですが、ハンドメイドアクセサリーが大人気で素敵なデザインのモノが沢山作られている今、このしょぼい数珠みたいなのを使うのもなあ・・・というワケで、バラして携帯ストラップにリメイクしました。


070110_2


スパイラルモチーフにはガーネットをたっぷり30個。
他の材料もちょっとこだわって、スワロフスキーとメタルビーズを使いました。




ガーネットは1月の誕生石です。
宝石言葉は「秘めた情熱」。


「パワーストーン意味事典」というサイトによると、ガーネットには次のような力があると書かれています。

精神力・意思・勇気を高め、目標を見失いそうな時には初心の情熱を呼び起こし、揺るぎない信念をもたらしてくれる。困難や課題に立ち向かい乗り越える力を与えてくれて、これまで積み上げてきた努力の成果を実らせ成功へと導いてくれる。

「実り」の効果は恋の成就・再会の誓い・友情の印など、深い絆をも象徴し、お守りを兼ねたアクセサリーとして身につけると良い、とも書かれています。




1月生まれのお友達に友情への感謝の気持ちを込めてプレゼントする、というのもGoodかも♪
でも黒い雪の結晶はちょっとエキセントリックかなあ。(^_^;)ゞ




そういえば、All About【ビーズアクセサリー】雪の結晶モチーフの編み方が紹介されていました。以前作ったトーホーのキットの発展型、といった感じの、これ以上無いくらい凝った雪の結晶です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:ビーズ
ジャンル:趣味・実用

ウサギ「ユキノオトシゴ」

2007.01.05 09:21|ぬいぐるみ
070105_1

070105_3





ぬいぐるみを作るときはキャラクターを考えながら作ったり、作っている間にぬいぐるみからちょっとしたストーリーが湧いてきたりするのですが、このウサギは、それをシャットアウトして何色にも染まっていない無垢な感じに出来たら、と思いながら作りました。

070105_2





 素材:
 ・丹後縮緬(ウサギ本体)
 ・絹(ワンピース・耳)



これから作っていくぬいぐるみには和布を効果的に使ったり洋服を着せたりしたいですし、いろんなキャラクターの子が作れたらいいなーと思っていますが、

「誰かにプレゼントする気持ちで作る。」

というのを今年の目標に掲げてみました。
"心を込めて丁寧に、できるだけ可愛く。"
今までもそう思って作ってきたつもりですが、まだまだ。もっと頑張らねば。
新年の抱負です。
それより "カメの歩み" 並の製作ペースをなんとかせねばでは? と新年しょっぱなから反省したりもしつつ、今年も楽く作っていきます。(^_^)ゞ



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:こんなの作りました♪
ジャンル:趣味・実用

netでお買い物どうでしょう♪「白絹」編。

2007.01.03 01:19|道具・材料のお買い物情報

新年明けましておめでとうございます。



と、ここで新しいぬいぐるみをご披露したいところなのですが・・・。
元旦に "縫い初め" はしたものの完成にはまだ少しかかりそうで、それから「新年明けまして・・・」だとちょっと遅くなってしまいそうなので、まずはごあいさつをさせていただく事にしました。(^_^;)ゞ



今作っている2007年最初のぬいぐるみは、新鮮な気持ちでスタートを切りたいと思って、真っ白なウサギにしようと思っています。
ウサギ本体は「リシビラ2」「アニー&サリー」にも使った丹後縮緬白生地を使って縫っています。それに白い服を着せようと思っているのですが・・・。
白のしっかりした生地が無くて、着物の袖裏に使われていた生地を使おうと思っています。古い絹特有の黄変がところどころある中からなんとか洋服分を確保。古布を使うときに一番気を使うところです。
裏生地はツルツル肌触りが良く光沢があって美しいので、上手くできればウェディングウサギのような子が生まれるはずですが、端がほつれ易くて作業は激難航中。(>_<)



私の手元には、わりと沢山の布コレクションがあるにはあるのですが、「こういう子を作ろう」とイメージして、イメージに合った生地を選び出そうとすると、案外ビビッとくるのが無かったりします。
今年はぬいぐるみ作りを頑張りたいと思っていますが、そのためにはもう少し布の調達もしないとなー、と思っています。


こんな初更新になってしまいましたが、本年も「雪の針箱」とぬいぐるみ達を、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m




netで買える絹の白生地を探してみました。

●MAYUKO絹工房
京都の丹後縮緬織元が運営するシルク製品shop。
「丹後ちりめんの白生地と手芸用友禅はぎれの切り売り」コーナーで、お得なAB反(無地染加工別途注文可)や正絹と化繊の柄縮緬はぎれを販売されています。パジャマなどのシルク製品やシルクパウダー・シルク化粧品なども扱っておられます。

変わり三越 30000円
12000円
朱子
12600円
変わり古代 30000円
12000円


●染のやまじ
京都西陣の着物・帯・はぎれ販売と、着物仕立て・リメイクなど和装全般を取り扱っておられるshop。
三越縮緬はぎれ
2300円
正絹白生地はぎれいろいろ
2100円
西陣帯はぎれ
1000円
※いずれも限定品です。売り切れの際はごめんなさい。


●布生地・金襴OrietKyoto楽天市場店
京都の生地shop。
金襴を中心に、絹地やインドシルクのほか各種布を扱っておられます。オーガンジーやシルクシフォンなどもあります。
正絹紋綸子
辻が花
シルクシャンタン
ローカウント
シルクシャンタン
ミドルカウント
シルクシャンタン
ハイカウント
シルクシフォン正絹着尺変わり無地
一越
プレーンシルク
オーガンジー
シルク
コードチェック刺繍
シルク羽二重 サテン
ミドル


●色無地着物専門 みやこさかえ
京都にある色無地・長襦袢の製造卸会社が運営するshop。
「正絹ハギレ」のコーナーに沢山の正絹はぎれがあります。運が良ければ白生地も見つかるかもです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

テーマ:手芸制作過程日記
ジャンル:趣味・実用

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

プロフィール

穂高 雪

Author:穂高 雪
都合により作品作りが滞り更新できずにいるのですが、普段は和布を使って和風かといえば「?」なぬいぐるみや小物を作っています。過去の作品でもご意見・ご感想などいただけると嬉しいです。

↓ハンドメイドのコミュニティサイトに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
m(_ _)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

手作り市場あ~てぃすと  手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

↓リンクバナーです。
 DLしてご利用ください。




全記事(数)表示

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。